家を建てたとして

建築は自己表現であると解釈すれば

部屋的な意味合いが強く

席の用意や回数などの配慮も必要です。それから全戸事前調査は、できるだけ工事責任者がじかに全戸を回ることをおすすめします。何班かに分かれて社員を配置するのも短期間に実施するためのひとつの方法でしょうが、時間を掛けてでも工事責任者自身がそれぞれのお宅の居住者と顔と顔を合わせて、その住戸の工事内容を一緒に確認しておくことです。住戸ごとに生活があります。住戸ごとに事情があります。そうしたことに耳を傾けて住戸ごとの工事を進めることが肝心です。高齢者の悩みをきくこともあるでしょう。何度も同じことを聞かれることもあるでしょう。笑顔と忍耐力をもって全住戸をまわることから工事が始まります。ご健闘をお祈りいたします。

専有部分リフォーム工事について

質問マンションの大規模修繕工事の現場を担当している施工会社社員です。現在担当しているマンションは結露で困っている住戸が多く、工事説明会の際にもなんとかならないか、という声が出ていました。しかし、管理組合さんと設計コンサルタントさんは、「今回の工事はあくまでも共用部分の工事なので専有部分に関しては各住戸で対処していただきたい」、というお答えをされていました。確かに、外断熱工事であれば共用部分でしょうが、外断熱工事は今回の工事計画には入っていません。そうすると結露防止は専有部分でしか対処できません。したがって、確かにそれぞれの住戸で対処してください、ということになります。でも工事屋としてはなんとかお役に立てないかなと思います。なにか方法はあるのでしょうか?
回答結露を防ぐ方法は、一般に、外気に面した外壁の断熱性能を十分良くすることと室内の湿度を下げることです。外壁の断熱性能を上げるには、外壁の外側に断熱材を張ったり、屋内側に断熱材を入れたりします。ただし、外側に断熱材を張る工法はまだ普及していません。考え方としては、断熱材を張ってそのうえに仕上げ材料を張るとか塗るとかすれば良いのですが、マンション建物には窓開口部が多くなかなか手間がかかる上、マンション特有のバルコニーあるいは廊下といった半屋外部分をも切れ目なく断熱することがまだまだなかなか困難です。
広報担当者が注意すべきことについて

家庭で違うでしょう

施工費用とのバランスを考えると、寒冷地域では「お金をかけても実施しよう」、という意見が多数派になるかもしれませんが、温暖地域では、まだまだそうした雰囲気ではありません。したがって、ご質問のように、共用部分の工事である大規模修繕工事では、まだまだそうした断熱設計を含んだ設計仕様はありません。「専有部分で対処してください」、という管理組合ならびに設計コンサルタントの考え方は合理的であると考えます。
でも、マンション改修施工会社としては、なにかしてあげたいということですよね。
2つの提案をしてみましょう。
ひとつは「住まいの方法に関する工夫を広報すること」です。
もうひとつは「専有部分のリフォーム工事を請け負うことを提案すること」です。
1つ目の広報ですが、結露がどんなところに発生しやすいかについて改めて解説して、住まい方の工夫で減ることもあるということをお知らせするのです。私の経験では、「灯油ストーブやガスストーブを強制排気なしに使用されている住戸」「加湿器をフル活動させている住戸」「浴室の換気をしない住戸」「調理時の換気を十分にしない住戸」「外気に面した外壁の内側にぴったりと家具を置いている住戸」などで結露がよく発生しています。あたたかい南側の部屋と暖房をしない北側の部屋との温度差が大きいときにも良く発生しています。寝る前に、一度窓をあけて乾燥した空気を部屋に取り込む工夫が有効的であるケースもあります。ただし、いくら工夫してみてもらちがあかないケースもありますのでいろいろな工夫をまず試してみてくださいと広報で呼びかけるのです。

 

マンションよりも新し

マンションよりも新しただしこれは工事の案内チラシではなく、ちょっとした工夫のご案内というスタンスで作成する広報ですので、その旨を管理組合と設計コンサルタントに理解してもらってから配布しましょう。ちなみに、最近、施工会社の中には、工事内容や工事用語を写真入りで説明したり、季節の移り変わりや花粉情報やおいしい旬の野菜料理の記事を入れたり、となかなかバラエティのある記事を広報に入れてサービスに努めているところも出てきています。
2つ目は、専有部分のリフォーム工事を受注する営業を行うことです。
断熱に関する工事だけにとどまらず専有部分の総合リフォーム工事を営業するということです。
もちろん、管理組合との
協議を経てから、ということになります。ふだんから専有部分のリフォームを行いたい、と思っている住戸は潜在的にたくさんあります。しかし、どこに頼めば良いのかわからないということで二の足を踏んでいる住戸がたくさんあります。共用部分の大規模工事を順調に実施している施工会社であれば、管理組合とも契約をしているということで信用度も高いので、受注率は上がります。
ただし、大規模修繕工事に差し支えることがないようにしてください。相談受付けや見積りを大規模修繕工事中に行うのは良いとしても、担当者をきっちりと分けることです。そして実際のリフォーム工事は、大規模修繕工事が完了してからにするという予定を組みます。断熱がメインであれば、外壁に面した壁の内側に断熱材をいれてクロスを張る工事になります。壁が厚くなって部屋が若干狭くなることも承知していただきましょう。外壁に面した梁がある場合や、階下が吹きさらしの場合の床の場合は、壁だけでなく天井や床にも断熱材の入れ方の工夫が必要になります。
さらに窓の内側にもうひとつ窓をはめる工事も有効です。これは専有部分ですから各住戸での工事として実施することが可能です。ただし、専有部分の工事ではありますが、管理組合によっては、専有部分のリフォーム工事についての細則を設けているところがありますので注意してください。
このように、共用部分の工事を契約通りに施工すること以外にも、より良いマンションライフを作るためにこうした専有部分リフォーム工事を行うことがあります。
部屋を確保する方策として寒く感じ住宅

家のリビングで基礎席の用意や回数などの配慮も必要です。それから全戸事前調査は、できるだけ工事責任者がじかに全戸を回ることをおすすめします。何班かに分かれて社員を配置するのも短期間に実施するためのひとつの方法でしょうが、時間を掛けてでも工事責任者自身がそれぞれのお宅の居住者と顔と顔を合わせて、その住戸の工事内容を一緒に確認しておくことです。住戸ごとに生活があります。住戸ごとに事情があります。そうしたことに耳を傾けて住戸ごとの工事を進めることが肝心です。高齢者の悩みをきくこともあるでしょう。何度も同じことを聞かれることもあるでしょう。笑顔と忍耐力をもって全住戸をまわることから工事が始まります。ご健闘をお祈りいたします。

専有部分リフォーム工事について

質問マンションの大規模修繕工事の現場を担当している施工会社社員です。現在担当しているマンションは結露で困っている住戸が多く、工事説明会の際にもなんとかならないか、という声が出ていました。しかし、管理組合さんと設計コンサルタントさんは、「今回の工事はあくまでも共用部分の工事なので専有部分に関しては各住戸で対処していただきたい」、というお答えをされていました。確かに、外断熱工事であれば共用部分でしょうが、外断熱工事は今回の工事計画には入っていません。そうすると結露防止は専有部分でしか対処できません。したがって、確かにそれぞれの住戸で対処してください、ということになります。でも工事屋としてはなんとかお役に立てないかなと思います。なにか方法はあるのでしょうか?
回答結露を防ぐ方法は、一般に、外気に面した外壁の断熱性能を十分良くすることと室内の湿度を下げることです。外壁の断熱性能を上げるには、外壁の外側に断熱材を張ったり、屋内側に断熱材を入れたりします。ただし、外側に断熱材を張る工法はまだ普及していません。考え方としては、断熱材を張ってそのうえに仕上げ材料を張るとか塗るとかすれば良いのですが、マンション建物には窓開口部が多くなかなか手間がかかる上、マンション特有のバルコニーあるいは廊下といった半屋外部分をも切れ目なく断熱することがまだまだなかなか困難です。

建築は自己表現であると解釈すれば


施工費用とのバランスを考えると、寒冷地域では「お金をかけても実施しよう」、という意見が多数派になるかもしれませんが、温暖地域では、まだまだそうした雰囲気ではありません。したがって、ご質問のように、共用部分の工事である大規模修繕工事では、まだまだそうした断熱設計を含んだ設計仕様はありません。「専有部分で対処してください」、という管理組合ならびに設計コンサルタントの考え方は合理的であると考えます。
でも、マンション改修施工会社としては、なにかしてあげたいということですよね。
2つの提案をしてみましょう。
ひとつは「住まいの方法に関する工夫を広報すること」です。
もうひとつは「専有部分のリフォーム工事を請け負うことを提案すること」です。
1つ目の広報ですが、結露がどんなところに発生しやすいかについて改めて解説して、住まい方の工夫で減ることもあるということをお知らせするのです。私の経験では、「灯油ストーブやガスストーブを強制排気なしに使用されている住戸」「加湿器をフル活動させている住戸」「浴室の換気をしない住戸」「調理時の換気を十分にしない住戸」「外気に面した外壁の内側にぴったりと家具を置いている住戸」などで結露がよく発生しています。あたたかい南側の部屋と暖房をしない北側の部屋との温度差が大きいときにも良く発生しています。寝る前に、一度窓をあけて乾燥した空気を部屋に取り込む工夫が有効的であるケースもあります。ただし、いくら工夫してみてもらちがあかないケースもありますのでいろいろな工夫をまず試してみてくださいと広報で呼びかけるのです。
マンションよりも新しい

住宅などの立地の抑制を推進してい

家のリビングで基礎ただしこれは工事の案内チラシではなく、ちょっとした工夫のご案内というスタンスで作成する広報ですので、その旨を管理組合と設計コンサルタントに理解してもらってから配布しましょう。ちなみに、最近、施工会社の中には、工事内容や工事用語を写真入りで説明したり、季節の移り変わりや花粉情報やおいしい旬の野菜料理の記事を入れたり、となかなかバラエティのある記事を広報に入れてサービスに努めているところも出てきています。
2つ目は、専有部分のリフォーム工事を受注する営業を行うことです。
断熱に関する工事だけにとどまらず専有部分の総合リフォーム工事を営業するということです。
もちろん、管理組合との
協議を経てから、ということになります。ふだんから専有部分のリフォームを行いたい、と思っている住戸は潜在的にたくさんあります。しかし、どこに頼めば良いのかわからないということで二の足を踏んでいる住戸がたくさんあります。共用部分の大規模工事を順調に実施している施工会社であれば、管理組合とも契約をしているということで信用度も高いので、受注率は上がります。
ただし、大規模修繕工事に差し支えることがないようにしてください。相談受付けや見積りを大規模修繕工事中に行うのは良いとしても、担当者をきっちりと分けることです。そして実際のリフォーム工事は、大規模修繕工事が完了してからにするという予定を組みます。断熱がメインであれば、外壁に面した壁の内側に断熱材をいれてクロスを張る工事になります。壁が厚くなって部屋が若干狭くなることも承知していただきましょう。外壁に面した梁がある場合や、階下が吹きさらしの場合の床の場合は、壁だけでなく天井や床にも断熱材の入れ方の工夫が必要になります。
さらに窓の内側にもうひとつ窓をはめる工事も有効です。これは専有部分ですから各住戸での工事として実施することが可能です。ただし、専有部分の工事ではありますが、管理組合によっては、専有部分のリフォーム工事についての細則を設けているところがありますので注意してください。
このように、共用部分の工事を契約通りに施工すること以外にも、より良いマンションライフを作るためにこうした専有部分リフォーム工事を行うことがあります。