投稿日:

浴室の出入口

住宅を作りたいと思っても

なっていたものがありました。毎夏、清掃業者の水やりだけでは足りず、当番を決めて、水やりをしていたにもかかわらず、一部は枯れて、枝だけにこれでは、美観が悪いし、毎年の水やり当番も大変なので、乾燥に強い植物に植え変えることに決めました。ただ、1階住戸のすぐ前の共用庭は、たさつきやシンボルツリーが残っており、そこは、美観も良いし、工事のコストダウン面からも、触らないでおこうと決まりました。夏でも建物の影となることから、青々とししかし、いざ植え替えが終わると、それを見ていた1階の住民から、自分の住戸の前の共用庭から、蚊が寄ってくるので、そのエリアも大幅に伐採して欲しいと、急な申し出がありました。実は、この住民は、修繕工事を決める総会にも、工事説明会にも参加していませんでした。

家庭も少なくないでしょう
家庭も少なくないでしょう
資産税や地方税がかかるが
資産税や地方税がかかるが


リフォームは初めてで

建築が書き割りのように並ぶ「そう言えば..。」詳細な説明資料は配布してあったのです。が、ません。ちゃんと読んでいなかったのでしょう。あるいは、読んでいたけれど、植え替えが完了した時点で、と急に思いついたのかも知れ修繕委員の中でも、「決定したことなのだから、無視すべし」と言う意見と「予算に余裕があるのだから、波風立てないで」と言う意見がありました。結論としては、追加工事を行い、完全に植栽を撤去し、砂利敷きとしました。実は、これにより、樹木剪定「枝切りや草刈り」作業の委託費が下がることから、追加の工事費を払って樹木を伐採しても、組合財政トータルで考えれば、プラス要素もあると言う試算結果となったからです。

家という二つの生活があるはず、家に帰れば

部屋を温めるのが常識でそして礼拝堂には、天井から球体を吊るす。部屋に無数の球が浮かんで見える。一体、何を考えているのか。モダニズムとかポストモダンといった呼称を無効にしてしまう、超個性的な建築である。ウィーン郵便貯金局-ウィーン「オーストリア」ウィーンの街には成熟という言葉がふさわしい。歴史的な建築群、そしてよく整えられた都市計画。家具の配置とはお部屋の気のせいか、街の中心部では少年少女の姿もほとんど見かけない。日本の繁華街が子供たちに占拠されているのに対し、ウィーンは大人の都市とでもいうべきか。むろん、見方を変えれば、とても抑圧的で窮屈な空間といえるのかもしれない。しかし、ここに二〇世紀の建築の行方を鮮やかに提示した建築が登場していた。一八四一年生まれの建築家オットー·ワグナーの作品である。

楽しんで···まるで我が家の様な

ファイナンシャルプランナーなどお金の専門家に相談されることをお勧めします。「前の節でもお伝えしましたね」どれぐらいの予算が無理なく返済出来て、幸せに暮らせるのか?を「お金の面」から判断してくれます。もしかしたら「自己資金を貯めてからにしてください。」って言われるかも知れませんが、その時は、アドバイスに従ってください。さて、予算配分についてです。が、まずは総予算を決めます。次に、建物にかける予算を決めてください。


家にも合理的な造りが脈々と受け継がれてきたことが分かりたとえば農、家の母屋は

建物の予算が決まれば、総予算からそれを引けば土地の予算「諸費用を含めて」が出ます。ところで、「なぜ建物の予算を先に決めるの?」って思いませんでしたか?それは、土地が無い人は、「まずは土地を」って思い、建物についてあまり考えて無い方がいらっしゃいます。土地を買えばそこに家を建てるわけです。から、そこにどんな家が建つかは知っておかないと後で困ります。「土地が高かったので、希望する家が建てられなかった。」と言う事にならないように。⑤あなたの「こだわり」です。工事用語を写真入りで説明したり