家さんのものもちろん一番大切なこと工務店

住宅を建てると色んないい事があ

自己紹介のしかた「自社担当者の机上名札の準備」短時間での会社案内質問への回答「工事説明会配布資料例の提示」「安全対策に重点を置いた仮設計画のビジュアル資料」等々、どの施工会社も経験を積んできたおかげでしょうか、上手なプレゼンテーションになってきています。でも、最終的に選ばれるのは1社です。いくらヒアリングが上手にできても、見積金額が高すぎては選抜される可能性は大きくありません。
管理組合としては、見積金額が番安い施工会社がどのようなヒアリングをするのかが番気になるところです。もし、そのヒアリングで安心感を得ることができなければ、見積金額とヒアリング内容のバランスを考えて、他の施工会社を選択するということになります。特に金額差が大きくない場合は、ヒアリングでの印象が大きな決定要因になります。今秋経験したヒアリングにおいても、見積金額が一番安かった施工会社が選択されなかった例が実際にありました。
では、見積金額が番安かった施工会社はなぜ選ばれなかったのでしょうか。まず、この施工会社の見積内容に多くの問題点がありました。内訳書に記載された数量や単価が他の見積会社のそれらと大きく異なる項目がたくさんあったのです。仕様書の読み込み不足や質疑応答書の反映不足などがうかがえる項目もありました。そしてそれらについて前もって質問項目としてお伝えして、ヒアリングの場でお答えいただくようにお願いしていました。ヒアリングの場では、単価や数量の考え方の説明と間違っていた箇所に対するお詫びがありました。でも、こうしたことはヒアリング以前の問題点なのです。ヒアリング時での説明がお詫びだけに終わるようでは聞いている方としてもやりきれません。そして、お詫びだらけの営業担当者から工事担当者に説明者が代わると、今度は、その生き生きとした対応に好感が持てました。足場の安全さを強調する仮設のオプション工事の説明もよくわかりました。しかし良かった印象に水を差したのが営業担当者の最後のせりふでした。「これらのオプション工事は全部今回の見積額に含みますのでよろしくお願いします」という賭けにも似たせりふが出たのです。この管理組合ではこれは受けいれられませんでした。場合によっては、それが功を奏する管理組合もあるかもしれませんが、やはりこれは賭けといえるでしょう。コンサルタントとしては、管理組合からコメントを求められれば、「そうした値引き額に注目するよりも仕様書をきちんと読んで現場をきちんと観察しているかどうかに重点をおいて選抜してください」と答えるのが妥当な回答になるのは言うまでもありません。
家を建てたとして

家だと認識できなくなる場合がある

もちろん値引き額を全部否定するつもりはありません。利益額をどこまで減らして仕事をとるのかという戦術なのですから。でもそれにも限度があります。
方、最安値ではない他会社が選抜されたのはなぜでしょうか。
まずは、内訳書比較の段階で、選抜された会社の見積りには明らかな間違いがほとんどなかったことでしょう。
そして、正副の現場担当者がすべてこのマンションの特質を理解していたことでしょう。
車や人の安全通行を考慮した仮設計画の考え方も管理組合のみなさんの気持ちを捉えたようです。

たまたまこのマンションではこのような結果に終わりましたが、最安値の施工会社の見積に問題が少なく、ヒアリングも無難であれば、順当にその会社が選ばれる、というのが般的なヒアリングの結果です。ある施工会社は、今回の工事のポイントをおさえて、その箇所の仕上げ見本を持参してヒアリングに臨んだことがありました。現場を何度も見に来ていたことに対する評価もずいぶん高いものでした。わかりやすい資料を準備して住民目線で展開される説明を聞いた管理組合の役員の皆さんは、ずいぶんと経験をつんだ説明だ、と気づいたのではないでしょうか。
ヒアリングの準備は、仕様書の読み込み十分な現場観察に始まるのです。
竣工図だけを見て見積りをするのではなく足を運んで現場を観察してしっかりとした見積書を作成することがまず一番大切ではないでしょうか。
単に安ければ良いというものではないということです。
あとは住民目線を意識することでしょう。
どこが、何が、工事の際にポイントになるかを現場で考えてみてください。

 

戦前期の帝国ホテルを

子どもが多いマンションでしょうか。
高齢者が多いマンションでしょうか。
現場でいろいろ考えることが、かゆいところに手が届く施工会社につながって受注につながる、と考えますがいかがでしょうか。

施工管理技士試験について

質問マンション大規模修繕工事の現場管理をしていますが、.級施工管理技士の試験になかなか受からなくて困っています。会社からは、毎年のように、早く、一人でも多く資格をとってほしい。
という要請を受けています。もちろん、資格者を増やしたいという会社の事情も理解していますし、なによりも個人的にも資格をもつことの重要性はわかっているのですが、学科試験こそ過去問の勉強でクリアーできても実地試験で不合格になってしまいます。なにか良い知恵はないでしょうか。
回答お困りのご様子よくわかります。学科の合格発表があって、実地試験が行われる秋がくると毎年憂鬱な気分になりますね。試験勉強をしようと思っても、お盆が明けるころから、そろそろ秋のマンション大規模修繕工事が始まって勉強どころではありませんよね。でも、がんばってぜひとも合格しましょう。どのようにがんばったらよいのかについて、実地試験対策講座を経験した立場からいくつか気のついたことを書いてみることにします。
まず、字をきちんと書くことです。最近は、パソコンや携帯メールなどで実際に字を書く機会が激減しています。ラブレタ-でも書くつもりでていねいに読みやすい字で書くことが大切です。
「くせ字で右上がりになっていませんか?」「漢字とひらがなの大きさがやたらに大小異なっていて読みにくくありませんか?」「カタカナのツ·シ·ソ·ソはだれが見ても誤解なく読めますか?」誤字はありませんか?「専門の専の右上に点があったり、門が問になったりしていませんか?」
マンション投資の心得
家だと認識できなくなる場合がある

リフォームも容易

自己紹介のしかた「自社担当者の机上名札の準備」短時間での会社案内質問への回答「工事説明会配布資料例の提示」「安全対策に重点を置いた仮設計画のビジュアル資料」等々、どの施工会社も経験を積んできたおかげでしょうか、上手なプレゼンテーションになってきています。でも、最終的に選ばれるのは1社です。いくらヒアリングが上手にできても、見積金額が高すぎては選抜される可能性は大きくありません。
管理組合としては、見積金額が番安い施工会社がどのようなヒアリングをするのかが番気になるところです。もし、そのヒアリングで安心感を得ることができなければ、見積金額とヒアリング内容のバランスを考えて、他の施工会社を選択するということになります。特に金額差が大きくない場合は、ヒアリングでの印象が大きな決定要因になります。今秋経験したヒアリングにおいても、見積金額が一番安かった施工会社が選択されなかった例が実際にありました。
では、見積金額が番安かった施工会社はなぜ選ばれなかったのでしょうか。まず、この施工会社の見積内容に多くの問題点がありました。内訳書に記載された数量や単価が他の見積会社のそれらと大きく異なる項目がたくさんあったのです。仕様書の読み込み不足や質疑応答書の反映不足などがうかがえる項目もありました。そしてそれらについて前もって質問項目としてお伝えして、ヒアリングの場でお答えいただくようにお願いしていました。ヒアリングの場では、単価や数量の考え方の説明と間違っていた箇所に対するお詫びがありました。でも、こうしたことはヒアリング以前の問題点なのです。ヒアリング時での説明がお詫びだけに終わるようでは聞いている方としてもやりきれません。そして、お詫びだらけの営業担当者から工事担当者に説明者が代わると、今度は、その生き生きとした対応に好感が持てました。足場の安全さを強調する仮設のオプション工事の説明もよくわかりました。しかし良かった印象に水を差したのが営業担当者の最後のせりふでした。「これらのオプション工事は全部今回の見積額に含みますのでよろしくお願いします」という賭けにも似たせりふが出たのです。この管理組合ではこれは受けいれられませんでした。場合によっては、それが功を奏する管理組合もあるかもしれませんが、やはりこれは賭けといえるでしょう。コンサルタントとしては、管理組合からコメントを求められれば、「そうした値引き額に注目するよりも仕様書をきちんと読んで現場をきちんと観察しているかどうかに重点をおいて選抜してください」と答えるのが妥当な回答になるのは言うまでもありません。

住宅を建てると色んないい事があ

もちろん値引き額を全部否定するつもりはありません。利益額をどこまで減らして仕事をとるのかという戦術なのですから。でもそれにも限度があります。
方、最安値ではない他会社が選抜されたのはなぜでしょうか。
まずは、内訳書比較の段階で、選抜された会社の見積りには明らかな間違いがほとんどなかったことでしょう。
そして、正副の現場担当者がすべてこのマンションの特質を理解していたことでしょう。
車や人の安全通行を考慮した仮設計画の考え方も管理組合のみなさんの気持ちを捉えたようです。

たまたまこのマンションではこのような結果に終わりましたが、最安値の施工会社の見積に問題が少なく、ヒアリングも無難であれば、順当にその会社が選ばれる、というのが般的なヒアリングの結果です。ある施工会社は、今回の工事のポイントをおさえて、その箇所の仕上げ見本を持参してヒアリングに臨んだことがありました。現場を何度も見に来ていたことに対する評価もずいぶん高いものでした。わかりやすい資料を準備して住民目線で展開される説明を聞いた管理組合の役員の皆さんは、ずいぶんと経験をつんだ説明だ、と気づいたのではないでしょうか。
ヒアリングの準備は、仕様書の読み込み十分な現場観察に始まるのです。
竣工図だけを見て見積りをするのではなく足を運んで現場を観察してしっかりとした見積書を作成することがまず一番大切ではないでしょうか。
単に安ければ良いというものではないということです。
あとは住民目線を意識することでしょう。
どこが、何が、工事の際にポイントになるかを現場で考えてみてください。
家さんのものもちろん

戦前期の帝国ホテルを


子どもが多いマンションでしょうか。
高齢者が多いマンションでしょうか。
現場でいろいろ考えることが、かゆいところに手が届く施工会社につながって受注につながる、と考えますがいかがでしょうか。

施工管理技士試験について

質問マンション大規模修繕工事の現場管理をしていますが、.級施工管理技士の試験になかなか受からなくて困っています。会社からは、毎年のように、早く、一人でも多く資格をとってほしい。
という要請を受けています。もちろん、資格者を増やしたいという会社の事情も理解していますし、なによりも個人的にも資格をもつことの重要性はわかっているのですが、学科試験こそ過去問の勉強でクリアーできても実地試験で不合格になってしまいます。なにか良い知恵はないでしょうか。
回答お困りのご様子よくわかります。学科の合格発表があって、実地試験が行われる秋がくると毎年憂鬱な気分になりますね。試験勉強をしようと思っても、お盆が明けるころから、そろそろ秋のマンション大規模修繕工事が始まって勉強どころではありませんよね。でも、がんばってぜひとも合格しましょう。どのようにがんばったらよいのかについて、実地試験対策講座を経験した立場からいくつか気のついたことを書いてみることにします。
まず、字をきちんと書くことです。最近は、パソコンや携帯メールなどで実際に字を書く機会が激減しています。ラブレタ-でも書くつもりでていねいに読みやすい字で書くことが大切です。
「くせ字で右上がりになっていませんか?」「漢字とひらがなの大きさがやたらに大小異なっていて読みにくくありませんか?」「カタカナのツ·シ·ソ·ソはだれが見ても誤解なく読めますか?」誤字はありませんか?「専門の専の右上に点があったり、門が問になったりしていませんか?」