家が不足していた時に大

部屋が落ちついた感じになるのでインテリア

早めに準備をして、決定期限日もあわせて提案していくと、管理組合と施工会社がともに理解と納得の上で工事を進めるという実感が得られることでしょう。

新築工事現場との違いについて

質問この春に、今までにいた建築施工会社を辞めて、マンション大規模修繕工事を専門とする工事会社に入社いたしました。これまでの新築工事がメインの仕事から、実際に人が住むマンションの大規模修繕工事の現場代理人となり、とまどうことが多々ありました。躯体工事がなく仕上げ工事だけの現場ではものを作り上げていくという感触がありません。その一方で、管理組合という発注者の了承を得ている工事でありながら、住民からの個々のクレームへの対応をしなければなりません。今後はこのような仕事がメインになっていくことになるのですが、どのような点に注意して仕事を進めればよいでのしょうか。
回答今までの仕事との違いにとまどっておられるご様子ですね。
新築工事とマンション大規模修繕工事では、仕事を終えたときの達成感の種類が違うのではないでしょうか。
それは仕事に求められていることが異なるからです。
その違いは、施主への進捗報告会議や竣工引き渡し式をイメージするとよくわかります。
進捗報告会議は通常3~4週間に一回程度開催されますが、相手はふだん建築工事に縁のない管理組合の役員さんたちです。下請け作業員に指示するときに使用する専門用語は通じません。
程表にしても今回の工事で初めて見る方がほとんどでしょう。そうした施主に工事状況を分かりやすく説明し理解していただくための工夫を怠ると、材料決めも、色決めも、仕様変更願いも、期変更願いも、追加工事や精算工事の承認も、なかなかスムーズに運ばず、いたずらに会議時間を浪費してしまうことになりかねません。
部屋を確保する方策として寒く感じ住宅

家を売ったり買ったりしているのでもないの家

工方、竣工引き渡し式では、指定された書類を引き渡すだけではなく、工事がようやく終わったという満足感を味わってもらうことが大切です。
役員さんたちにとっては大規模修繕工事に掛けてきた時間や手間が報われる瞬間なのです。
いろいろあったかもしれない現場もなんとか終わった、という実感を得る瞬間なのです。
こうしてイメージしてみると、マンション大規模修繕工事を行うということがある施主のために建物を新築するということとはずいぶん異なることがおわかりになることでしょう。
住みながらの工事というのは、たとえ管理組合が発注した工事とはいえ、それぞれの住戸の生活に対して音·におい·ほこり·振動がおそいかかる工事なのです。「行わなければならない工事」である、と管理組合全体で理解はしていても、各住戸にとっては「忍びがたきを耐えていただかなくてはならない工事」なのです。こうした事情を踏まえた上で行う工事がマンション大規模修繕工事なのです。そこでは、すれ違う住民への挨拶、誰もがわかる工事案内チラシの配布、一目でわかる工事掲示板、クレームではなく相談事と言い換えて顔と顔を合わせてひたすら説明し理解を求めるという努力などが求められます。そしてその結果として、管理組合も個々の住民の皆さんも満足して工事が完了するという形が、大きな成果物なのです。これまでに得た新築現場の知識や経験は大きいと思います。どのように施工したらどのような建物になるのかをたくさん経験されてきたことでしょう。その経験に、「住む人の立場に立って考える」という力を加えて、ぜひともサービス業としての大規模修繕工事施工を目指してください。サービス業というのは、クライアントの目線にたって、クライアントと一緒にゴールを目指すことです。笑顔と親切さとサービス精神を忘れないで、ぜひとも今までと違う達成感を得てみてください。

進捗報告会議の時間短縮について

質問マンション大規模修繕工事の現場代理人をしています。管理組合への報告の会議についてお尋ねします。

 

足場がなくても観察で

4週間ごとに1回、管理組合の工事専門委員会があって、その会議で、私ども施工会社サイドから、実施工程報告や仕様確認や色決めやアンケート結果報告などをおこないますが、いつも時間がかかってしまい、なんとか時間短縮ができないかと思案しています。管理組合さんは私どもに気遣いされて、日曜に会議をするということはないのですが、平日の夜の会議の場合など、午後7時半からの会議が10時頃までかかることがあります。管理組合のみなさん方は、会議が終わればすぐにご帰宅できるわけですが、私どもはそうはいきません。会議の時間短縮のコツがありましたらご教示ください回答そうですね、遅くまで会議が延びると、暑いときなど相当に疲れてしまい明朝の業務に差し支えがあることもあるでしょうね。ところで、4週間ごとに1回開催されているとのことですがそもそもその開催間隔に問題があるということはないでしょうか。盛りだくさんすぎて消化しきれないということはありませんか。施工会社サイドからは提案しにくいことかもしれませんが、管理組合や工事監理者と協議して、最初からもう少し会議頻度を増やす、という対策が有効ではないでしょうか。確かに、管理組合の会議メンバーさんたちは会議回数が少ない方が楽と最初は考えるでしょうが、施工会社としてのみなさんのいままでの経験から考えて、会議時間が長引きそうだなと考える現場であるならば、早目に、会議頻度の増加を提案すべきです。確かに、着工後のひと月は、工事準備、足場設置、下地点検、下地補修といった工程なので、あまり報告することもないかもしれませんので最初のひと月は4週間飛ばしでもかまわないでしょう。でもそのあとは、3週間に1度のペースでの会議を提案されてはどうでしよう。
大事なのは、会議のスケジュールを早め早めに決めてしまって、どの会議に何を提案するかの見通しを持つことです。もちろん突発的な問題が発生することもあるでしょうし、長雨で工程が遅延することもあるでしょう。しかし、どの時期に何を報告し、何を決めていただかないといけないか、という大まかなスケジュールはどの現場でもそれほどかわりません。スケジュールを提示しておいてあとで変更するのはかまわないのです。
マンションよりも新しい
家を売ったり買ったりしているのでもないの家

部屋は自分で掃除すればいい

早めに準備をして、決定期限日もあわせて提案していくと、管理組合と施工会社がともに理解と納得の上で工事を進めるという実感が得られることでしょう。

新築工事現場との違いについて

質問この春に、今までにいた建築施工会社を辞めて、マンション大規模修繕工事を専門とする工事会社に入社いたしました。これまでの新築工事がメインの仕事から、実際に人が住むマンションの大規模修繕工事の現場代理人となり、とまどうことが多々ありました。躯体工事がなく仕上げ工事だけの現場ではものを作り上げていくという感触がありません。その一方で、管理組合という発注者の了承を得ている工事でありながら、住民からの個々のクレームへの対応をしなければなりません。今後はこのような仕事がメインになっていくことになるのですが、どのような点に注意して仕事を進めればよいでのしょうか。
回答今までの仕事との違いにとまどっておられるご様子ですね。
新築工事とマンション大規模修繕工事では、仕事を終えたときの達成感の種類が違うのではないでしょうか。
それは仕事に求められていることが異なるからです。
その違いは、施主への進捗報告会議や竣工引き渡し式をイメージするとよくわかります。
進捗報告会議は通常3~4週間に一回程度開催されますが、相手はふだん建築工事に縁のない管理組合の役員さんたちです。下請け作業員に指示するときに使用する専門用語は通じません。
程表にしても今回の工事で初めて見る方がほとんどでしょう。そうした施主に工事状況を分かりやすく説明し理解していただくための工夫を怠ると、材料決めも、色決めも、仕様変更願いも、期変更願いも、追加工事や精算工事の承認も、なかなかスムーズに運ばず、いたずらに会議時間を浪費してしまうことになりかねません。

部屋が落ちついた感じになるのでインテリア

工方、竣工引き渡し式では、指定された書類を引き渡すだけではなく、工事がようやく終わったという満足感を味わってもらうことが大切です。
役員さんたちにとっては大規模修繕工事に掛けてきた時間や手間が報われる瞬間なのです。
いろいろあったかもしれない現場もなんとか終わった、という実感を得る瞬間なのです。
こうしてイメージしてみると、マンション大規模修繕工事を行うということがある施主のために建物を新築するということとはずいぶん異なることがおわかりになることでしょう。
住みながらの工事というのは、たとえ管理組合が発注した工事とはいえ、それぞれの住戸の生活に対して音·におい·ほこり·振動がおそいかかる工事なのです。「行わなければならない工事」である、と管理組合全体で理解はしていても、各住戸にとっては「忍びがたきを耐えていただかなくてはならない工事」なのです。こうした事情を踏まえた上で行う工事がマンション大規模修繕工事なのです。そこでは、すれ違う住民への挨拶、誰もがわかる工事案内チラシの配布、一目でわかる工事掲示板、クレームではなく相談事と言い換えて顔と顔を合わせてひたすら説明し理解を求めるという努力などが求められます。そしてその結果として、管理組合も個々の住民の皆さんも満足して工事が完了するという形が、大きな成果物なのです。これまでに得た新築現場の知識や経験は大きいと思います。どのように施工したらどのような建物になるのかをたくさん経験されてきたことでしょう。その経験に、「住む人の立場に立って考える」という力を加えて、ぜひともサービス業としての大規模修繕工事施工を目指してください。サービス業というのは、クライアントの目線にたって、クライアントと一緒にゴールを目指すことです。笑顔と親切さとサービス精神を忘れないで、ぜひとも今までと違う達成感を得てみてください。

進捗報告会議の時間短縮について

質問マンション大規模修繕工事の現場代理人をしています。管理組合への報告の会議についてお尋ねします。
広報担当者が注意すべきことについて

足場がなくても観察で


4週間ごとに1回、管理組合の工事専門委員会があって、その会議で、私ども施工会社サイドから、実施工程報告や仕様確認や色決めやアンケート結果報告などをおこないますが、いつも時間がかかってしまい、なんとか時間短縮ができないかと思案しています。管理組合さんは私どもに気遣いされて、日曜に会議をするということはないのですが、平日の夜の会議の場合など、午後7時半からの会議が10時頃までかかることがあります。管理組合のみなさん方は、会議が終わればすぐにご帰宅できるわけですが、私どもはそうはいきません。会議の時間短縮のコツがありましたらご教示ください回答そうですね、遅くまで会議が延びると、暑いときなど相当に疲れてしまい明朝の業務に差し支えがあることもあるでしょうね。ところで、4週間ごとに1回開催されているとのことですがそもそもその開催間隔に問題があるということはないでしょうか。盛りだくさんすぎて消化しきれないということはありませんか。施工会社サイドからは提案しにくいことかもしれませんが、管理組合や工事監理者と協議して、最初からもう少し会議頻度を増やす、という対策が有効ではないでしょうか。確かに、管理組合の会議メンバーさんたちは会議回数が少ない方が楽と最初は考えるでしょうが、施工会社としてのみなさんのいままでの経験から考えて、会議時間が長引きそうだなと考える現場であるならば、早目に、会議頻度の増加を提案すべきです。確かに、着工後のひと月は、工事準備、足場設置、下地点検、下地補修といった工程なので、あまり報告することもないかもしれませんので最初のひと月は4週間飛ばしでもかまわないでしょう。でもそのあとは、3週間に1度のペースでの会議を提案されてはどうでしよう。
大事なのは、会議のスケジュールを早め早めに決めてしまって、どの会議に何を提案するかの見通しを持つことです。もちろん突発的な問題が発生することもあるでしょうし、長雨で工程が遅延することもあるでしょう。しかし、どの時期に何を報告し、何を決めていただかないといけないか、という大まかなスケジュールはどの現場でもそれほどかわりません。スケジュールを提示しておいてあとで変更するのはかまわないのです。