施工業者にとっては暮らしではあ

工事完成予定日を記入したものを加え該当

文字は大きいですか?「高齢者が読めるようになっていますか?」説明会資料を見ると、その会社の経験がわかります。
ですから、施工会社ヒアリングの際に参考資料として「直近の工事の説明会配布資料を持参してもらう」ことがあります。
いずれにしろ、会社の中で経験者が増えて、それを下敷きにしてさらに経験を増やしていくことが大切です。
そして毎回実際にその資料で説明する担当者の反省を踏まえてさらに改良していきましょう。
一回実施するたびに良い配布資料が生まれると思います。

事用駐車料の見積もりについて

質問マンションの大規模修繕工事の施工会社の営業をしています。
見積書を作成する際にどのように考えたらよいのか悩むことがありますのでご教示ください。
工事が始まると工事用車両を置くスペースが必要になるのですが、敷地内に何台確保できるのかがわからないと、敷地外部に何台分の駐車場費用を見ておけばよいかの判断がつきません。ていねいな仕様書の場合、「管理組合として敷地内に00台の駐車場を確保するので、それ以外に必要な台数は施工会社側で確保すること」と記されていますが、それも工事監理者分を含んでいるのかどうかが判断できないこともあります。
回答確かに、マンションの大規模修繕工事を行う際の工事用駐車場確保は頭が痛い問題ですね。そして、見積りの際にどの程度見込んでおけばよいのか判断が難しいですね。
れてということで、外部に借りる費用を見込む場合、見積もり額がその分高くなってしまっては、何も考えていないで見積りを提出する他社に比べて不利になってしまい、からなくなりますね。
しかも、念には念をいなにをしているのかわここは、見積りに不公平さがでないように、質疑応答の場を利用することです。
それも駐車のことだけではなく、仮設関係全般を検討することです。
まず、質疑書を記す前に、見積り要領書仕様書を熟読し、一方、現場観察を行ったうえで、仮設計画を立ててみましょう。「仮設事務所は、集会室を拝借できますか?」「できなければどこに配置しますか?」「工事監理者用スペースは必要ですか?」「会議用スペースは不要ですか?」「玄関ホールは掲示版を置くだけでいっぱいで資材置き場には使用できなさそうですか?」「工事用のスペースとして敷地内のどの範囲を確保できそうですか?」「別棟の機械室屋上や緑地を臨時のもの置き場に利用できそうですか?」「作業員の着替え場所·休憩場所や資材置き場また仮設wcはどこに配置できそうですか?」そして、工事用車両がどこに何台置けそうなのかを検討します。単独で駐車する場合と、詰めて駐車する場合とでは台数も異なります。その上で、敷地外部に何台分必要かがわかってくることでしょう。しかし実際には、そのマンションの駐車場を朝から夕方まで決まった時間に利用させていただくという方法もあります。
広報担当者が注意すべ

工事の仕様変更が話題になりましたいく

たとえば朝8時半から夕方5時半まで工事用に開放していただく台数が何台あるかがわかっていれば、その台数分をあてにすることができて見積もり額を安くすることが可能になります。
このようなことまで明記した見積り要領書·仕様書はなかなかないかもしれませんが、質疑を出してみる価値はあります。そうすれば、「少なくとも5台分は朝から夕方まで利用していただくとができます」といった回答を得ることもあるでしょう。「敷地内のどの部分を工事用に使用することが可能ですか?」という質問も図面をつけて「この部分を囲って工事用に利用したいのですが差支えありませんでしょうか?」という質問を出せば具体的な回答を得ることができるでしょう。
それらの質疑項目は、ている工事内容がより明確になります。
施工会社ほど見積もり額が高くなるという見積り会社間の不公平感もなくなります。
それまであまり深く考えていなかったかもしれない管理組合や設計担当コンサルタントにも良い刺激になります。
質疑を受けて回答をすることを通じて、見積りを依頼しどのような工事を依頼しているのかがより明確になることは工事発注者にも工事受注者にも大いに役立ちます。
先ほども記しましたが、より深く検討した大いに質疑応答の機会を利用してより正確な見積書を作成してください。
ただし、ふだん設計コンサルタント業務を行っている立場から少し苦言を述べさせていただきます。
それは、見積り会社からいただく質疑のおよそ半分は、見積り要領書仕様書に記さ
れていることだということです。それらを熟読してから質疑を出してください。その上で、「そういえばその件はあいまいだったな」お互いに切磋琢磨して、少しでも良いマンション大規模修繕工事ができるように努力しあいましょう。
と設計担当者が反省するような質疑をぜひともご提出ください。

広報担当者が注意すべきことについて

質問マンション大規模修繕工事の施工会社で広報を担当しています。現場には週に1回程度、設計監理の先生との工程会議の折に現場代理人と一緒に参加しています。業務は、マンション住民の皆さんに配布したり掲示したりする広報の作成です。

 

家なんのことはない

このような専任業務は社内でも初めてのケースなので先例がなく、ひたすらパイオニア精神でがんばっているのですが、どのような点に気をつければ良いのかについて設計監理のお立場からアドバイスしてくださいませんでしょうか。
回答マンション大規模工事を専門的に行う施工会社が増えてきましたが、まだまだあなたのような広報作成に特化した担当者がいるケースはまれです。
しかし、今後はまねをする施工会社が増えてくることでしょう。
さて、広報の作成についてですが、広報には大きく分けて3種類あります。
各戸に配布する広報掲示板に張る広報「インターネットを使ったお知らせ」の3つです。
各戸に配布する広報は、手にとって読んでいただくものです。「パッと見て読みやすいものになっていますか?」「いっぱい書き過ぎていませんか?」「字が小さ過ぎませんか?」「注意事項が具体的になっていますか?」。ただ注意してくださいでは何をどのように注意すれば良いのか伝わりません。その住戸の方が、配布された広報チラシをちょっと冷蔵庫に張っておいてほかの家族にも読んでもらおう、という気持ちになるようなものになっていますか?その工事専用のタイトル書式を作って、一目で「今回の工事関係の書類だ!」とわかるようにするのもよい方法です。
文字だけでなく季節の風物カットを入れたり、工事中や仕上がりの写真を入れたりするのも良いでしょう。
掲示板に張る広報は、十分大きなものになっていますか?各戸に配布したものをついでに張っておくというのではあまりにもお粗末です。手にとってわかる書類も掲示板に張ってしまえば小さくて読みにくい書類になってしまいます。義理で張っているのではなく、確実に伝えるという明確な目的を持って掲示用の広報を作成しましょう。
エコカラット評判
工事の仕様変更が話題になりましたいく

住まいの人がこの工法で建てる場合

文字は大きいですか?「高齢者が読めるようになっていますか?」説明会資料を見ると、その会社の経験がわかります。
ですから、施工会社ヒアリングの際に参考資料として「直近の工事の説明会配布資料を持参してもらう」ことがあります。
いずれにしろ、会社の中で経験者が増えて、それを下敷きにしてさらに経験を増やしていくことが大切です。
そして毎回実際にその資料で説明する担当者の反省を踏まえてさらに改良していきましょう。
一回実施するたびに良い配布資料が生まれると思います。

事用駐車料の見積もりについて

質問マンションの大規模修繕工事の施工会社の営業をしています。
見積書を作成する際にどのように考えたらよいのか悩むことがありますのでご教示ください。
工事が始まると工事用車両を置くスペースが必要になるのですが、敷地内に何台確保できるのかがわからないと、敷地外部に何台分の駐車場費用を見ておけばよいかの判断がつきません。ていねいな仕様書の場合、「管理組合として敷地内に00台の駐車場を確保するので、それ以外に必要な台数は施工会社側で確保すること」と記されていますが、それも工事監理者分を含んでいるのかどうかが判断できないこともあります。
回答確かに、マンションの大規模修繕工事を行う際の工事用駐車場確保は頭が痛い問題ですね。そして、見積りの際にどの程度見込んでおけばよいのか判断が難しいですね。
れてということで、外部に借りる費用を見込む場合、見積もり額がその分高くなってしまっては、何も考えていないで見積りを提出する他社に比べて不利になってしまい、からなくなりますね。
しかも、念には念をいなにをしているのかわここは、見積りに不公平さがでないように、質疑応答の場を利用することです。
それも駐車のことだけではなく、仮設関係全般を検討することです。
まず、質疑書を記す前に、見積り要領書仕様書を熟読し、一方、現場観察を行ったうえで、仮設計画を立ててみましょう。「仮設事務所は、集会室を拝借できますか?」「できなければどこに配置しますか?」「工事監理者用スペースは必要ですか?」「会議用スペースは不要ですか?」「玄関ホールは掲示版を置くだけでいっぱいで資材置き場には使用できなさそうですか?」「工事用のスペースとして敷地内のどの範囲を確保できそうですか?」「別棟の機械室屋上や緑地を臨時のもの置き場に利用できそうですか?」「作業員の着替え場所·休憩場所や資材置き場また仮設wcはどこに配置できそうですか?」そして、工事用車両がどこに何台置けそうなのかを検討します。単独で駐車する場合と、詰めて駐車する場合とでは台数も異なります。その上で、敷地外部に何台分必要かがわかってくることでしょう。しかし実際には、そのマンションの駐車場を朝から夕方まで決まった時間に利用させていただくという方法もあります。

工事完成予定日を記入したものを加え該当

たとえば朝8時半から夕方5時半まで工事用に開放していただく台数が何台あるかがわかっていれば、その台数分をあてにすることができて見積もり額を安くすることが可能になります。
このようなことまで明記した見積り要領書·仕様書はなかなかないかもしれませんが、質疑を出してみる価値はあります。そうすれば、「少なくとも5台分は朝から夕方まで利用していただくとができます」といった回答を得ることもあるでしょう。「敷地内のどの部分を工事用に使用することが可能ですか?」という質問も図面をつけて「この部分を囲って工事用に利用したいのですが差支えありませんでしょうか?」という質問を出せば具体的な回答を得ることができるでしょう。
それらの質疑項目は、ている工事内容がより明確になります。
施工会社ほど見積もり額が高くなるという見積り会社間の不公平感もなくなります。
それまであまり深く考えていなかったかもしれない管理組合や設計担当コンサルタントにも良い刺激になります。
質疑を受けて回答をすることを通じて、見積りを依頼しどのような工事を依頼しているのかがより明確になることは工事発注者にも工事受注者にも大いに役立ちます。
先ほども記しましたが、より深く検討した大いに質疑応答の機会を利用してより正確な見積書を作成してください。
ただし、ふだん設計コンサルタント業務を行っている立場から少し苦言を述べさせていただきます。
それは、見積り会社からいただく質疑のおよそ半分は、見積り要領書仕様書に記さ
れていることだということです。それらを熟読してから質疑を出してください。その上で、「そういえばその件はあいまいだったな」お互いに切磋琢磨して、少しでも良いマンション大規模修繕工事ができるように努力しあいましょう。
と設計担当者が反省するような質疑をぜひともご提出ください。

広報担当者が注意すべきことについて

質問マンション大規模修繕工事の施工会社で広報を担当しています。現場には週に1回程度、設計監理の先生との工程会議の折に現場代理人と一緒に参加しています。業務は、マンション住民の皆さんに配布したり掲示したりする広報の作成です。
リフォームしても安全

家なんのことはない


このような専任業務は社内でも初めてのケースなので先例がなく、ひたすらパイオニア精神でがんばっているのですが、どのような点に気をつければ良いのかについて設計監理のお立場からアドバイスしてくださいませんでしょうか。
回答マンション大規模工事を専門的に行う施工会社が増えてきましたが、まだまだあなたのような広報作成に特化した担当者がいるケースはまれです。
しかし、今後はまねをする施工会社が増えてくることでしょう。
さて、広報の作成についてですが、広報には大きく分けて3種類あります。
各戸に配布する広報掲示板に張る広報「インターネットを使ったお知らせ」の3つです。
各戸に配布する広報は、手にとって読んでいただくものです。「パッと見て読みやすいものになっていますか?」「いっぱい書き過ぎていませんか?」「字が小さ過ぎませんか?」「注意事項が具体的になっていますか?」。ただ注意してくださいでは何をどのように注意すれば良いのか伝わりません。その住戸の方が、配布された広報チラシをちょっと冷蔵庫に張っておいてほかの家族にも読んでもらおう、という気持ちになるようなものになっていますか?その工事専用のタイトル書式を作って、一目で「今回の工事関係の書類だ!」とわかるようにするのもよい方法です。
文字だけでなく季節の風物カットを入れたり、工事中や仕上がりの写真を入れたりするのも良いでしょう。
掲示板に張る広報は、十分大きなものになっていますか?各戸に配布したものをついでに張っておくというのではあまりにもお粗末です。手にとってわかる書類も掲示板に張ってしまえば小さくて読みにくい書類になってしまいます。義理で張っているのではなく、確実に伝えるという明確な目的を持って掲示用の広報を作成しましょう。